合理的解決と感情的解決、人間が一番求めるのは?~「サンキュー」で得るもの失うもの~

カテゴリー: コラム | 投稿日: | 投稿者:

ここ数年、翻訳アプリが、ものすごく進化しているそうで、最近では、話せば、かなりの精度で、その言語に訳してくれるようになってきたそうです。

一瞬、外国語を学ばなくても進化が追いつくのかも!?と喜んだ私、ですが、そこで、ふと思い出した記憶が・・・。

それは、アメリカの大学院にいたとき、
「アメリカ人って、どこの国に旅行しても英語でサンキューって言うよね~。アメリカ人って何故そうなんだろう?」
と、インターナショナル学生達たちで、時々話していた記憶です。

え?どういうこと?と思うかもしれませんが、「サンキュー」ほど世界で有名な言葉もありません。日本のおばあちゃんでもサンキューの意味がわかるくらいで、世界中どこにいっても、まず意味は通じます。

だから、アメリカ人は、旅行でほかの言語圏を訪れても、その国の言葉でありがとうを言わない人が(他の言語の国と比べて圧倒的に)多いそうなのです。

「ありがとう」という意味が通じているから、いいじゃん?

と思えばその通り。

でも、意味が通じてるのに、ほかの国の人たちが「なんだかなぁ」と感じる理由というのは
「自分たちは、その国にいったら、その国の言葉で「こんにちは」「ありがとう」くらいは言おうとするのになぁ」というところでした。

多くの日本人も、旅行に行くと、その国の言葉で「ありがとう」だけでも言おうとする傾向がある気がします。

確かに、私達日本人も、外国語で「サンキュー」とか「ダンケシェーン(ドイツ語)」と言われても意味はわかりますが、たどたどしい日本語でも一所懸命「ありがとう・・ございます!」と言われた方が、なぜだか嬉しくてニコっとしてしまいますよね。

それは何故かな?と考えてみると、そこに

『(言語を通して)相手の文化・感覚に身を置こうとする「気持ち」』

を感じるからだと思います。

例えば、

1) 女性が気持ちを分かって欲しいのに、パートナーの男性が、文章の意味から解決策ばかり提示する時、会話の流れ・意味は成り立っていていても、互いの気持ちは通じていません。

2) 子供は気持ちを分かって欲しいのに、親が、あれこれ5W1Hで質問して状況を把握しようとすると、まだ言語能力が発達してない子供は、かなりの割合で、責められていると感じます。
これも、会話の流れ・意味はおかしくないし、通じているのですが、互いの気持ちは通じていません。

人は、(やりとりとして)意味が通じても、気持ちが通じないと、なぜか衝突しやすくなります。

ちなみに、上記のケースで気持ちのコミュニケーション(気持ち疎通)をした後はどうなるかというと、

1) パートナーが気持ちをすごくわかってくれたので、会社の状況は変わらないけど、なんだか嬉しかった
とか
2) 学校の状況は変わらないけど、親が気持ちを理解してくれ、味方だとすごく感じたので、乗り切れる気がした

ということになります。(^^) 
気持ち疎通は、安心し、信頼が深まり、人を強くします。

つまり、人間が本質的に求めているのは、意味の疎通よりも、気持ちの疎通なのかもしれません。

人間関係や、男女や親子コミュニケーションも、大抵「気持ち疎通」が、肝になってきますが、大抵の人は反応パターンがあり、

A) 合理的な問題解決型(何かをやる/することで解決するというようなタイプ)

B) 感覚的な感情解放(受容解決)型(気持ちが受け止められた安心感や受容感を重視するタイプ)

のどちらか寄りになります(これがいつもの無意識の反応パターンともいう)

例えば、Aに偏っている上司は、部下にも、合理的コミュニケーションで問題解決する傾向があるものの、気持ち疎通が得意でない事が多いし、Bに偏っている上司は、気持ちは受け止めたものの、現実解決が苦手というところも。親子などにも同じことがいえます。

私が、いままで多くの年齢退行療法をしてきて見る限り、過去傷ついたり、悲しい思い出になっているのは、

「無関心だった場合(AもBも無い)」と、「A(問題解決)だけでB(感情受容)がなかったパターン」。
つまり、どちらも、「Bが無いパターン」ということがいえます。

これは子供だけでなく、Bがないと、どんな大人の中にもいる「インナーチャイルド」を傷つけやすいという事も意味します。

だから、人間にとって、Bの「感情受容」「気持ち疎通」は、すごく大事なんだな~と実感します。

男女、親子、上司部下、友達など近い人間関係においては、特にそうです。

しかし、A(合理的問題解決)を無くしすぎれば、解決しなさすぎて、現実的に辛いこともでてきてしまうので、

だからAとBの両方を使いこなせるのが、ベスト!

この場合、順番は、時間が足りなかった場合も考えて、「Bの後に、Aで解決する」のが一番良いと思います。(Aの後にBだと、冷たく感じる場合ありなので注意が必要)

ただ、自分に対して合理的に物事を解決するタイプの人は、人にも無意識にそう対応する傾向がありますので、そういう人は相当意識していないと、相手を知らず知らずに相手を悲しませたり、傷つけてしまうことがあります。

また、感情的に解決(解放)型の人は、現実が、本当の問題解決に至らないケースも多いかもしれません。

誰でも無意識にどちらかに偏っているものですが、このバランスをとって世界を広げるには、意識的な訓練がおススメです。

(職業柄もあるかもしれませんが)私は、こういう訓練は結構楽しくて好きです。
自分が得意でない側面を鍛えるのは、使ってない筋肉が鍛えられる感じで、引き出しが増えるというか、自分の中に隠れていた「新たな自分」に会えた気がするからです。^^

そして、AのタイプがBを筋肉を鍛えるのも、Bの人がAの筋肉を鍛えるのも、

自分とは違う『相手の文化・感覚に身を置こうとする「気持ち」』であり、

それは、言いかえると『愛』だなぁと思います。

翻訳機がどれだけ進化しても、そんな気持ちを人類が忘れていったら、世界は平和に向かわないでしょうし、

その「気持ち」「愛」をしっかり持ったまま、翻訳機や、合理的な解決思考をいこなせるならば、とても素敵な事になるはず。

世界の平和も、自分の身の回りの平和も、
全ては、『相手の感覚に身を置こうとする「気持ち」「愛」』から創られるのだとすれば、

そして「愛」が自分の中に隠れていた「新しい自分(可能性)」「面白い自分」「新たな引き出し」を引っ張り出してくれるとすれば、

それをやってみようと意識してみる時間は、人生を豊かにする時間となるでしょう!^^

◆ヒプノーティス公式facebookページ
http://www.facebook.com/hypnotice.jp
世界各地で行われている興味深い心理研究や、心理学者の名言、コラムに書けない短いお話なども、日々更新中!

★今後のコラムやセミナーにご興味のある方は、このページの左中程にあるメールマガジン登録からご登録下さい。月に1回程度の配信です。(解除はHPからいつでも可能です)


こちらの記事もどうぞ

  • 体の治癒力が4倍高まる、簡単な方法!体の治癒力が4倍高まる、簡単な方法! そろそろインフルエンザが流行ってきたようですね。 あなたは、体の治癒力を4倍に高めたいですか?しかも簡単な方法でそれが可能だとしたら? 今日は、それをお伝えしていきま […]
  • 着実に変化する人だけが理解できる「ひとつの真実」着実に変化する人だけが理解できる「ひとつの真実」 最近、1~2年前に個人セッションに来た方々に、久しぶりにお会いさせて頂く機会が多くありました。 その中でも、数年前にあがり症で通って来ていた数名に、最近、偶然にも連続でお会いした […]
  • 自分を束縛するという事自分を束縛するという事 他人はもちろん、自分自身にさえ縛られたくないという人に時々出会います。 確かに「自分が自分自身に縛られる感覚」は、誰にでもあるかもしれません。 ダイエット、仕事、学業、結婚、 […]
  • 「手放した」のか「諦めた」のか、その見分け方とは?「手放した」のか「諦めた」のか、その見分け方とは? 先日の「手放す」勉強会。 過去の「手放し経験」を、各々(瞑想状態で)思い出してもらい、そこから全員参加で体験をもとにヒントを紡ぎ出していったのですが、勉強会の最後に 『これは、 […]
  • 何故人は○○を思い出しやすいのか?何故人は○○を思い出しやすいのか? ツァイガルニク効果というものを、あなたはご存知でしょうか? 1927年にツァイガルニクは、20種類の多様な課題を被験者達に与えました。 20個のうち、10個の作業は、被験者が仕 […]
  • 潜在意識の引き寄せ力で良い一年を!潜在意識の引き寄せ力で良い一年を! ついに2009年がスタートしました。 2009年の抱負、ゴールイメージや目標はもうイメージしましたか? 新年の願いは、よく 「~でありますように」とか「今年は~~したい」 とい […]
  • 脳に最高のアイデアが降りる!2つの秘訣とは?(世界の研究から)脳に最高のアイデアが降りる!2つの秘訣とは?(世界の研究から) 抜群のアイデアが閃く人と、閃かない人は、何が違うのか? わかりますか? 閃く人がやっていること、それは子供にもできる簡単なことなのですが、 それを伝える前に、い […]
  • お金で買える幸せ・買えない幸せお金で買える幸せ・買えない幸せ 最近では、紀香さんと陣内さんの結婚が話題になりましたが、5月6月は結婚式シーズン。 この時期は、未婚・既婚問わず、多くの人にとって、「結婚」を考える機会になっているように思いま […]
  • 先月、台湾で本が出版されました先月、台湾で本が出版されました 私の著書 「ストーリーでわかる!他人に振り回されない心理学」が 2020年4月、台湾で翻訳出版されました。 新型コロナで世界中が外出できなくなる中 台湾人の友 […]
  • ワイス博士4000人の事例「人は死後どうなるのか」ワイス博士4000人の事例「人は死後どうなるのか」 アメリカでも地位のあった精神科医が、催眠療法の中で実際に起こった事例を書いた「前世療法」「魂の伴侶(ソウルメイト)」は、200万部を越える世界的ベストセラーに。 そんなわけです […]
  • 「嫌い」「合わない」で人生が見えてくる!「嫌い」「合わない」で人生が見えてくる! 「これが本当に自分に合うのか、合わないのか」 「これが私が望むものなのか、そうではないのか」 誰にでも、そんな風に自分の行くべき方向性が分からない瞬間があります。でも、これを誰 […]
  • 素敵な「NO」になる魔法の言葉素敵な「NO」になる魔法の言葉 昨日私は、夫や友達と、おそばを食べていたのですが、 私が夫に「トロロいる?」と聞いたら、夫が「いらない」と答えました。 これはどこにでも見る普通の会話なのですが、その時に、そ […]
  • 催眠状態で冷え性が治る?催眠状態で冷え性が治る? こんにちは。まだまだ寒い日が続きますね。 ところで、女性は冷え性の方が非常に多いと思います。 私も昔は例に漏れず、そのひとりでした。 ところが、催眠療法を施療し始めて半年~数 […]
  • あなたの前提が、引き寄せる結果を変える!~結婚編~あなたの前提が、引き寄せる結果を変える!~結婚編~ これまで7000名近くの人にお会いしてきましたが【その人の生きる前提=今の現実】となっている事をひしひしと感じます。 今日はそれを【結婚】という、人生三大イベントのひとつを […]
  • 稼いだ額より、ずーっと人を幸せにする、お金の「○○」とは?稼いだ額より、ずーっと人を幸せにする、お金の「○○」とは? 世界の様々な研究で、 人はある一定量のお金(カナダの研究では年収700万程度)を超えると、それ以降の幸せ度は、横ばいになる という結果が、数多く報告されているのをご存じでしょ […]