自信がない原因は「褒められた事」にあり!?子供を褒めて活かす親、殺す親Part2

カテゴリー: コラム | 投稿日: | 投稿者:

前回コラム「褒めて伸ばす!」の落とし穴!子供を褒めて活かす親、殺す親
は、色々な方から反響を頂きました。^^
(このコラムは前回の続きなので、まだ読んでない人は、上記コラムからどうぞ)

褒める事=よい事、前向きな事、ポジティブな事

とだけ思っている人は、
長い目でみると、意外と人を傷つけているかもしれません。

実は、人間関係において、
「褒め方」ほど難しい。

変な影響を与えない褒め方のポイントは、
実はたくさんありすぎて、
次に何を書くか悩んでしまったのですが、

大人になってからも
「自分に自信がもてない」
という相談によく出会う私としては、

「子供の自信を無くす、(よくある)親・教師の褒め方」

について、書いてみたいと思います。

あなたの褒め方は、本当に大丈夫でしょうか?
そして、褒められる事で、
あなたは無意識に、自信をなくしてきたのではないか?
読みながら振り返ってみてくださいね。^^

年齢退行療法で、日々多くの事例をみていると、

大人は「子供に常識を教える」「正しい事と間違っている事を教える」

というような名目で、

「子供に嘘を言わせた上で、褒める事」(によって、コントロールする)

が、案外よく行われていることに気付きます。

たとえば、年末年始など親戚の集まりがある時に、子供が

子「ぼく、おじいちゃんなんて嫌いだよ。だからおじいちゃんの所に行きたくない」
親「そんなこといっちゃだめでしょう、おじいちゃんは、あなたを想ってくれてるんだから」
子「いやだよ、僕はおうちにいる」
親「何いってるの!わがままいうんじゃありません」
子「やだ~。僕おじいちゃんが嫌だもん」
親「いつもみたいに、お爺ちゃんお年玉くれるわよ。さあ行きましょう」
子「お年玉なんていらない。お爺ちゃん嫌いだもん」
親「お爺ちゃんに失礼でしょ。お爺ちゃんが嫌いだなんて言ってはいけません!」
子「嫌いなもんは嫌いだもん」
親「いい加減にしなさいっ!そんな事、もう二度と言うんじゃありません!!」

(出かける直前で、イライラして手荒に服や着させて準備をさせたり、
そんなこと言うならひとりで家に置いていくからね、と脅したりする)

子:(怖くなって、これ以上怒られたり責められないために
「ぼく・・・お爺ちゃん、嫌いじゃない・・」

子「そうよね!○○は、お爺ちゃんのこと本当は好きなのよね~」
(と機嫌よく頭をなでて褒める)

こうして、

子供は、
「自分の本当の気持ちを言うと責められる」
「偽りでも親が聞きたい事をいえば、親はそれを喜び、自分を褒めてくれる」
と学んでしまいます。

例えば、大人の
「お爺ちゃん嫌いだなんていったら許しません」
は、世の中の善悪や常識を教えているしつけだ!
と思ってやっていることですが、

年齢退行療法を見る限り、
子供は、(大人からはそうは見えないような)一度のショックな経験を通して、
自分を守る為に「何か」を思い込みます。(=自分ルールの出来上がり)

そして、それは三つ子の魂百まで!

大人になっても、誰かに本当の気持ちを言うより、
相手に気にいられる事を言おう、と(無意識に)影響を及ぼし続けるのです。

その思い込みは、無意識の自己防衛として生涯働き続けてしまいます。
(これが無意識の反応のちょっと恐ろしいところです)

つまり、大人の「子供の為に」が、
子供の人生に、全く予想外の結果をもたらしているわけです。

それでは、子供が

「先生なんて嫌いだ」
「お父さん/お母さんなんて、嫌いだ」
「学校なんて行きたくない」
「勉強なんてしたくない」
「ニンジンなんて食べたくない」

こんな時、どう反応したらいいのでしょう?

まずは、人間の感覚を、
善悪とか、こうあるべき、だけで捉えない事!。

例えば、何かを食べて、あなたがそれを美味しいと思うか、
まずいと思うか?その食べ物が好きか嫌いか?

それは、その人の感性の問題で
「高い食材だから美味しく感じるべき」
という事はないはずです。

たとえ
「それは高い食材だから、不味いなんていってはダメ。高い料理は美味しいのが常識でしょう!」
と誰かに言われても、あなたがまずいと感じたものは、あなたにとって不味いのです。

それと同じように、何かを&誰かを好きとか嫌いというのは感性なので、
理性で無理やり変化できるものではありません。

それを相手に言うかどうか?は、
相手を傷つける可能性もあるので、
それは理性でコントロールできる範囲ですが、

自分が好き・嫌い、美味しい・不味いと感じている感覚そのものは、
それはそれとして受け入れるしかありません。

そして、そんな
「自分の感覚を信じる事」
=「それが他の人と違っても、自分はこう感じるんだと認められる事」
の積み重ねが、

人生を選択する際に「自分を信じる事」=「自信」、となっていくのです。

それでは、先ほどのケースに話を戻します。

先ほどのケースは、しつけとか常識という名の下、
いきなり相手の感性・感覚の全否定から入っていました。
しかし、相手の感覚(感じている事)を誰かが否定しても、
感覚そのものは変化させられないのですから、まずは

「そうなの、おじいちゃんがあまり好きじゃないのね」
と、一旦うけとめ、
「なにかが嫌だったのね?何がいやだったのか、教えてくれる?」
と聞いてみる事です。

そうすれば
子「おじいちゃんは、○○は男の子だから泣いちゃダメだって言うんだ・・」
親「そうなの、泣いたらダメだっていわれたのね」
子「うん、だけど僕、時々泣いちゃうから・・・」
親「怒られるかもと、心配だったのね」
子「うん・・・」
と謎がとけるかもしれません。^^

「常識的に良くないからと、自分の感情を無いものとされるか」

「まずは自分の感情をそのまま受け入れてもらえるか」

その対応の違いで、その子の自信が育つかどうかが決まってきます。

自分の感覚は感覚のままとして、
そう感じたんだねと言って分かってくれる人がいると思うと、
なぜか立ち向かう勇気が出てくるのも人間です。^^

実は、こういう時のとっさの対応は、大人自身の生き方、考え方、そのものだと思います。

あの人を嫌いと思ってはいけないのに、
嫌いと思ってしまう自分って心が狭くて嫌な人間かも・・・

と思って自分の感覚を善悪で裁いている人は、
子供が誰かを嫌いをいう事を善悪で捉えて反応しますので、
ありのまま受け止めるのは難しいはずです。

大人が、親が、教師が、自分の感性・感覚に、日々どう反応しているか?

自分の感覚に善悪をつけたり否定して抑圧しているか、
ありのままを受け入れて自分らしく生きているか?

それは、とっさの反応に反映され、
小手先テクニックだけでは、
到底太刀打ちできない世界、なのだと思います。^^

自分の「あり方」「生き方」「考え方」そのものが、
子供に鏡のように映し出されてくる

そうなると、

子供をどうこうする前に、
自分の「あり方」「生き方」「考え方」をしっかり内観し、
自分が日々どう生きるか

それが日々問われる意味でも、育児は育自なのかもしれません。^^

自分らしすぎて笑える人生に興味ある?
魔法心理学アカデミー7日間の無料メールセミナー


こちらの記事もどうぞ

  • 変われる人・変われない人「運命の分かれ道とは?」変われる人・変われない人「運命の分かれ道とは?」 世の中には、理想の自分へと「変わっていくことができる人」(Aさん)と、「なりたいと思っているのに、なぜか変わっていくことができない人」(Bさん)がいます。 この2人を分けている […]
  • 人生が経験で癒される時人生が経験で癒される時 もうすぐ母の日ですね。 セラピーをしていると、お母さんの影響は絶大だと感じます。 年齢退行療法の8~9割近くが、お母さんとの関係に戻るからです。 そういう意味で、お母さんは偉大 […]
  • 潜在意識の引き寄せ力で良い一年を!潜在意識の引き寄せ力で良い一年を! ついに2009年がスタートしました。 2009年の抱負、ゴールイメージや目標はもうイメージしましたか? 新年の願いは、よく 「~でありますように」とか「今年は~~したい」 とい […]
  • 「手放した」のか「諦めた」のか、その見分け方とは?「手放した」のか「諦めた」のか、その見分け方とは? 先日の「手放す」勉強会。 過去の「手放し経験」を、各々(瞑想状態で)思い出してもらい、そこから全員参加で体験をもとにヒントを紡ぎ出していったのですが、勉強会の最後に 『これは、 […]
  • ネガティブ思考で進化する人・しない人ネガティブ思考で進化する人・しない人 個人セッションをしていると 「昔から、これが苦手で、つい(ネガティブな結果ばかり)想像してしまって・・・」 「もしできなかったら・・と考えると、やるのがこわくなって、そのせいで […]
  • 甘え下手なアナタへ甘え下手なアナタへ 甘える=悪いことのように思われがちです。 たしかに、相手に深く依存してしまうと、相手の負担になったり、 依存によって自分がコントロールできなくなり自己嫌悪したりします。 でも […]
  • スピリチュアルな(心の)成熟度とはスピリチュアルな(心の)成熟度とは 未来を創る「心の成熟度」 私の心にとても響いた言葉があります。 中森じゅあんさんという方の講演で聞いた言葉なのですが、 (「スピリチュアル」という言葉は、幅広い意味があるので […]
  • 幸せになる年越の仕方「七味五悦三会」幸せになる年越の仕方「七味五悦三会」 大晦日の今日は、2007年の初めに友人から教えてもらい、非常に感動した日本の伝統的な「幸せになる年越の仕方」を、ぜひ皆さんにご紹介したいと思います。 その素敵な年越しとは、「七 […]
  • 勇気を持って休める人・休めない人勇気を持って休める人・休めない人 スポーツジムに行き始めて、驚いたことがありました。 更衣室の壁に『体調が悪かったら勇気を持って休みましょう』と大きく張り紙がしてあるのです。 見た瞬間、私は本当に疲れたり体調が […]
  • 現代人が最も退化している能力現代人が最も退化している能力 そろそろ春らしくなってきました。 氷川台オフィスの近くの桜も、もう少ししたら咲きそうに芽吹いています。 3月末~4月上旬にお越しの方は、駅から桜並木のトンネルを5分ほど歩いて到 […]
  • あなたの前提=未来の姿~素敵にエイジング編~あなたの前提=未来の姿~素敵にエイジング編~ 今日は、クイズ形式!でコラムをスタートしたいと思います~。 想像してください。あなたは突然、ある方から年賀状をもらいました。そこには、こう書いてあります。 「お元気ですか?私 […]
  • 欲しいものを両取りできる人のセルフイメージとは?欲しいものを両取りできる人のセルフイメージとは? 「したいけどでも・・」の「でも」の後で考える事が、あなたの本当のセルフイメージ! というコラム、かなり反響がありました。^^ さて、この「したいけど、でも・・・」という悩みの […]
  • 掃除で分かる?あなたの洗脳度!の巻掃除で分かる?あなたの洗脳度!の巻 前回のコラムは、潜在意識と掃除について書きました。 それにちなんで、今日も掃除ネタから入ろうかと思うのですが、 ところで、「大掃除って、いつしますか?」 ちなみに我が家の大 […]
  • 両親を選んで生まれてくる人・こない人両親を選んで生まれてくる人・こない人 自分の出産にちなんで、今回のテーマは『両親を選ぶのかどうか?』 退行催眠をつかった催眠療法をしている職業柄、私は 「子供が親を選んで生まれてくるって本当なんですか?」 […]
  • 「自我実現」と「自己実現」の違いとは?~自己実現は思い通りにならない!?の巻~「自我実現」と「自己実現」の違いとは?~自己実現は思い通りにならない!?の巻~ 「自己実現」と「自我実現」 このふたつの違いは、わかりますか? 実は、「自己実現」は、スイスの精神科医・心理学者であるユングが考えたもので、彼は 『人生の前半は「自我実現」 […]