パートナー育成が上手い人・下手な人~パートナー育ては自分育て~

カテゴリー: コラム | 投稿日: | 投稿者:

先日のパートナーシップ勉強会で、ゲストの須子はるかさんから、

男女のパートナーシップには、企業の人材採用と同じく「採用」というフェーズと、「育成」という2つの段階がある。

という話が出ました。(1回目の男性ゲストを招いた勉強会でも「お互いを育てあう」という話がでていました)

最初の「採用」段階で、採用相手を間違えると、職場でも人生でも、大変になりますので、ここは確かに重要ポイント。

そして採用後は、その人を伸ばす「育成」が、相手だけでなく自分の人生を大きく左右します。

部下でも、人生のパートナーでも、

『どちらも、採用側&育成側(=自分)の器量が求められる』

という意味では、同じ部分があります!

企業でも、男女でも

「なんで、いつもこんな人ばっかり採用してしまうのか?」「なぜ採用活動が上手くいかないの?」
と思う場合、まず採用側の自分を見つめる必要があります。

「なんで、私の部下(またはパートナー)はいつも育たないのか!」
と思う場合、まず自分の育成法を見つめる必要があります。

そういう意味では、パートナーシップというのは、自分を映し出す「鏡」のようなものとも言えます。

この、心の「鏡」が、曇っていたり、歪んでいたりすると、自分も相手もよく見えません。

その鏡には、自分も相手も映し出されますが、まずは自分がそのまま映っているかどうか?が大切です。

まず鏡に、自分がそのまま映っているか?は、パートナーシップに限らず、あらゆる友人・人間関係に影響があります。

自分がそのまま映し出せるとは、「本当の自分を自分が受け入れて&表現できる」ということです

もう少し詳しく言うと
「まずは嫌な自分も、弱い自分も、素敵な自分も、色々な自分を自分が受け止めて、(相手に)自分はこうなんだよ~と伝える姿勢」です。

ところが色々な自分を、自分が受け止められない場合、そんな自分を相手に出す事は難しいわけです。

「こんな自分いなくなればいいのに・・」と思っているのに、相手にそれを出すなんて、
「こんなにまずい肉じゃが、消えればいいのに・・」と思った肉じゃがを、あえて好きな人に出すくらい勇気(?)が必要です。

そんな肉じゃがを出されたら「わ~、うれしいわ!」って言いますか?
まず言いませんよね。
だから、その肉じゃが(そんな自分)は、まず出さないでしょう。

だからといって、自分をちゃんと出さなければ受け入れられないと思うと・・

あなたが、レストランに入ったとします。ウェイターさんに「このお店らしい一品を」と頼んだら、店に自信の無いウェイターさんが、「店の良いところばかり見せて、あとから、がっかりされては困るし」と思い、そのレストランの真実の姿を見せようと気を利かせて、まずはお店で一番自信が無い味のメニューを出された。

どんな気分ですか?
されたほうとしては、何かがおかしい気が・・・と思いますね。

自分を見せるというのは、ダメな自分をいきなり出しまくって「自分を守る」ことではありません。

「自分を守る」ということは、自分の中の「何か」を守っています。
その何かとは「恐怖心」「怖れ」。それが鏡を曇らせます。
そうすると自分の事も、相手の事も、よく見えなくなってしまうのです。

自分が「あ~、私には、こんな自分も、そんな自分もいるんだな~」「でも、そんな自分も居ていいよね!」
と映し出せるなら、ありのままの相手が映す事も受け入れられて、心の鏡が曇らなくなります。

そうすれば、色々な自分が、そのまましっかり心の鏡に映ってくることでしょう。
そして、同時に相手も、自分の鏡にしっかりと映ってくることでしょう。

詐欺師など、最初から、故意に人を騙して傷つけようとするような悪質なケースを除き、
基本的には、どんな人も相手を傷つけよう・陥れようと思って言動をしているわけではありません。

ただ、思想や価値観が違うだけです。

相手の真意は悪意でないと、心の鏡に映っている人は、大抵の人を許容できます。
同様に、自分の中の色々な自分も、許容できています。

ですから、パートナーシップや様々な関係性が、上手くいきます。

相手の真意が悪意ではないと分かっているので、感情的になることなく、自分の考えや本当に気持ちを、率直に相手に伝える事ができるからです。

ところが、自分が傷つきたくない、とか、自分を嫌いになりたくないという気持ちで鏡が曇っていると、
ありのままの自分が見えないので、知らず知らずのうちに我慢したり無理をして疲れてしまいます。
疲れた段階では、既に感情的になっているのが人間というもの。
すると、無理をする原因となった相手のことが、嫌になってくるのです。

このタイプは、自分も相手もコントロールしようとしています。
(しかし、コントロールしようとすればするほど、色々な人との関係がおかしくなります)

弱い自分も、未熟な自分もと、自分をありのまま受け止めて表現できれば、相手の不完全さも、ありのまま受け止められます。

このタイプは、ふたりの関係を「育て」ようとしています。

誰かとの関係性を「育成」して成熟させるか、誰かとの関係性を「コントロール」しようとしてこじれるか?

パートナーシップ育ては、まさに自分育て。

完璧を求めるのではなく、自分の不完全を「そういう自分もいるから人間なんだし、よしよし」と受け入れてみる。

自分を愛せれば、人を愛せるようになる。
自分を受け入れれば、相手も受け入れらるようになる。

自分自身や男女・家族とのパートナーシップを、豊かで自由にするのに、何よりも必要な事は、そこなのかもしれません。^^


こちらの記事もどうぞ

  • 甘え下手なアナタへ甘え下手なアナタへ 甘える=悪いことのように思われがちです。 たしかに、相手に深く依存してしまうと、相手の負担になったり、 依存によって自分がコントロールできなくなり自己嫌悪したりします。 でも […]
  • 原始時代にキャリアアドバイザーがいたら原始時代にキャリアアドバイザーがいたら ご要望が多かった1day退行催眠のワークショップを2月25日(日)ついに実施しました。 […]
  • 自己愛が高いとパートナーシップ(関係性)は上手く行く!自己愛が高いとパートナーシップ(関係性)は上手く行く! (男女に限らず)人とのパートナーシップ(人間関係)が長期的に安定して上手くいかない人には、必ずひとつの共通点があります。 それは何だと思いますか? それは、本当の意味での自分 […]
  • エルサルバドルの保護者向け講演を9月9日にさせて頂きましたエルサルバドルの保護者向け講演を9月9日にさせて頂きました エルサルバドルの小中学校、サンミゲル学園の保護者向けの講演を9月9日に行いました。 当日は、オンラインで小5~中3までの100名以上の保護者の方が参加! 意識の高いおじいちゃ […]
  • 人生を安定させる最大のシークレット!人生を安定させる最大のシークレット! 人生の中では、恋愛関係で、仕事の中で、人間関係で、家庭の中で、 何かが足りない、何かが違う、何かがもっと・・・と思う事は、 誰にでもあると思います。 そんな「何かが足りない […]
  • 「癒し」が起こる瞬間「癒し」が起こる瞬間 「癒し」 最近では「癒し系」という言葉も流行り、雑誌やテレビでもよく使われています。 「あ~、癒されたい~」なんて声もよく聞きます。 「癒し」の定義って、本当に人それぞれだ […]
  • 何故人は○○を思い出しやすいのか?何故人は○○を思い出しやすいのか? ツァイガルニク効果というものを、あなたはご存知でしょうか? 1927年にツァイガルニクは、20種類の多様な課題を被験者達に与えました。 20個のうち、10個の作業は、被験者が仕 […]
  • 素敵な「NO」になる魔法の言葉素敵な「NO」になる魔法の言葉 昨日私は、夫や友達と、おそばを食べていたのですが、 私が夫に「トロロいる?」と聞いたら、夫が「いらない」と答えました。 これはどこにでも見る普通の会話なのですが、その時に、そ […]
  • 恋愛が出来なくなる時~76%の人が思う「幸せ」とは?~恋愛が出来なくなる時~76%の人が思う「幸せ」とは?~ 「恋って、何だったか、よくわからなくなりました・・・」 そんな悩みを持つ人が30代中盤から、なぜかどんどん増えてきます。 「恋愛」とは、「心ときめく瞬間、ドキドキワクワク、無 […]
  • 捨てる事は「毒」にも「薬」にもなる!? 覚えておきたい7つの事捨てる事は「毒」にも「薬」にもなる!? 覚えておきたい7つの事 最近では、断捨離に始まり、「物を捨ててスッキリしよう」というのが、ブームですね。 ただ「物を捨てる」というのは、心理的に、とてもパワフルな行為。 だからこそ、子育てでよく見る […]
  • 着実に変化する人だけが理解できる「ひとつの真実」着実に変化する人だけが理解できる「ひとつの真実」 最近、1~2年前に個人セッションに来た方々に、久しぶりにお会いさせて頂く機会が多くありました。 その中でも、数年前にあがり症で通って来ていた数名に、最近、偶然にも連続でお会いした […]
  • 肉食で健康になる人・野菜食で健康にならない人肉食で健康になる人・野菜食で健康にならない人 私が、腫瘍が消えた話をコラムにかいたり、人に話すようになったら、体に関する面白い話をたくさん聞くようになりました。 暑い夏を、健康体で乗り切るヒントにもなるかもしれませんので、 […]
  • またアメリカで勉強してきましたまたアメリカで勉強してきました 今日は、コラムというよりも日記です(^-^) 昨年のワイス博士に続き、また2月後半から3月上旬まで、アメリカにいってきました。 米国最大の催眠療法士の非営利団体である、米国催眠 […]
  • 先月、台湾で本が出版されました先月、台湾で本が出版されました 私の著書 「ストーリーでわかる!他人に振り回されない心理学」が 2020年4月、台湾で翻訳出版されました。 新型コロナで世界中が外出できなくなる中 台湾人の友 […]
  • 結婚10年目に想う「仲がいいのは新婚の時だけ」のウソとホント結婚10年目に想う「仲がいいのは新婚の時だけ」のウソとホント 今年は大震災がありましたが、そのお陰で「絆」が再認識された年でもありましたね。 絆繋がりでいうと、私は、先月で結婚10年目に突入したのですが、(^^) 私達が新婚旅行に行った […]