● 退行療法&自己暗示療法(GIFT等) 31歳 Yさん

カテゴリー: クライアントの声|個人セッション | 投稿日: | 投稿者:

私生活や職場などでの強いストレスをきっかけに、精神状態が不安定になり、鬱っぽさ、緊張や恐怖、不安感が増える方は多いのですが、Yさんもそのひとり。それを我慢していたら、どんどん悪化する予期不安に悩まされ、乗り物に乗れないなど、日常生活に支障をきたすように。

Yさんが半年以上かけて実現した具体的な変化については(ご本人の了承を得て)こちらのコラムに書いていますので、まずは、こちらをご覧下さい。

http://www.hypnotice.jp/index.php?action_column=true&column_id=57

同じような事で悩んでいる方にとっても、共感を感じる部分があるかと思いますので、以下、Yさんからのメールを一部ご紹介させて頂きます。
———————————————————-

私は怠けるのが好き?なので、習慣やクセにしていくのが大変だなと感じることがありますが、今では、その怠ける自分も許しています。
以前なら、その怠ける自分が許せなくて、延々とムカついたりしていたと思います。だからといって行動に移すわけではないから、ツボにはまっていく感じで・・・。

自分を褒めたり、許したりすると、結構楽になるのかなという感じがしています。

コンサートも、もし出られなくても、途中で苦しくなっても、それはそれで許そうって思ったんです。(これは逃げることにもなるんでしょうけど・・・)

でも、先日のセッションまで、何かと理由をつけて出るのを止めようか・・・と考える自分がいました。
でも、「見られるのではなく、見ている」という事を聞いて、少し落ち着いた気がします。

歌の歌詞でもありますが「すべてのことに感謝!!」ですね。
YouTubeの映像を見て、会場全体がこんな風に盛り上がっていたんだ・・・と感動していました。
(自分は楽しくて飛んでいたので、わからなかったんです:笑)

以前は、人から見られている自分がすべてと考えていたのですが、今では自分が自分を見ると、そんなに頑張らなくてもいいし、周りに比べたらちょっと頑張っている方なんじゃないかな?なんて最近思えるようになってきました。

私は「変わりたい」と思っています。

それから、先生に教えていただいた「引き寄せの法則」は我が家の合言葉になっています。

あとはイメージの大切さを感じています。
家族がリハビリの仕事をしていますが、認知療法やイメージで痛みを取る方法があるんです。痛いところにアイスクリームが溶けてなくなる、というような。

実際に効果もあるので、イメージ力は大事だなと思います。

最近の経過ですが、バス通勤が続けられるようになりました。
多少混んでいても平気で乗れるようになり、今までは緊張していて酔う感じがしたので出来なかったのですが、今では本も読めるようになりました。

自分の中では凄く進歩したと実感しております。
更に半年後が楽しみです!