決断ではなく「決心」する!

カテゴリー: コラム | 投稿日: | 投稿者:

「決断」と「決心」

このふたつは何が違うか分かりますか?

「決断」を辞書でみると、

1 意志をはっきりと決定すること。2 正邪善悪を判断・裁決すること。

とあります。

しかし人間

正邪善悪(&損得)だけですぐ判断・決定できていれば、誰も苦労していないのでは・・?

そう思いませんか?

私は、多くの人の相談にのってきて、そう思います!

色々と良い所悪い所を洗いざらい考えてみても、色々な情報を集めてみても、最後に、
心が決まらないから悩んでいるわけです。

心が決まる=決心

です。

つまり条件や善悪や損得がどうこうでなく、

「心が決まるかどうか?」が人間にとって、とても重要なポイントです。(^^)

例えば、人生で、AかBどちらを選ぶか悩む・・・という瞬間。

あなたはどうやって心を決めていますか?

先ほども書いたように、損得やメリットデメリットを洗い出し、情報を集めたりしただけで
決められるなら、多分あなたはモヤモヤしていないわけです。

そんな時、私は時々、
いまの自分を超えた、もっと賢い自分(高次の自分・潜在意識の自分)に相談にいく
ということをします。^^

人間には、いまの自分、もっと低次の自分、もっと高次の自分と、色々なモードがあります。

人は悩みが長く(深く)なると、
同じ所をグルグルまわる、「今の自分モード」になってしまうか、
低次の自分にチャンネルを合わせた、不安&心配のモヤモヤモード(低調・低次モード)になりがちです。
そんな不安定な自分で何かを決定しても、あまり良い決断はできません。

さらに、誰かに相談すると、人は好きなことを言うので、10人に聞けば10人ともがそれぞれの価値観で、違うことを言う可能性があります。
そうなると、人に相談すればするほど、ますます悩むことも・・・。

そうかといって、自分ひとりでいきなり「これだ!」と決めようとすると、「これでいいのかな?本当に??」と不安になるのも、人間というものです。

そんな時、高次の自分(=人類の叡智と繋がっている、自分を超えた自分)を相談相手にすると、「へ~~~~!」というような気付きがあり、面白いのです。
目からウロコが落ちることもしばしば。しかも、自分にしっくりくる!

誰がこんな素敵な事を言うのか?と思うのですが、私の中の私ですから驚きですね(笑)。

そんな自分を、潜在意識や無意識(集合無意識)の自分と呼ぶか、高次の自分と呼ぶか、(はたまた、ハイヤーセルフと呼ぶか、人類の叡智と繋がった自分と呼ぶか)

それを何と呼ぶかは、それぞれの人が勝手に決めているのだと思います。

ただ、そういう自分と繋がっていくと、何かが腑に落ちて、心が決まってくるから不思議です。

顕在意識(理性)の自分で分からないなら、もっと大きな自分に相談してみる。

そうすると、誰よりも良いヒントやメッセージをくれる可能性大!

心が決まる、何かが腑に落ちる、可能性も大!

もし何かモヤモヤしたり迷ったなら、高次の自分(潜在意識・集合無意識の自分、魂の自分)に波長を合わせ、

ひとり静かに、瞑想したり、いまの自分を俯瞰する内観タイムを持つ。

そこから降りてきたヒントやメッセージを元にまた一歩進む。

スポーツの秋、読書の秋、瞑想の秋、

秋は、ひとり静かに内観するには、もってこいの季節。

自分の潜在意識や魂と共に歩む、素敵な秋をお過ごし下さい。(^^)

——————————————————–
※来月のセミナーは、高次の自分と繋がる瞑想セミナー。ひとりでじっくり内観や瞑想するより、瞑想セミナーのほうが集中しやすいかも?と思ったら、ぜひこの機会にお越し下さいね。
詳細・申込はコチラから

http://www.hypnotice.jp/index.php?action_seminar=true

(もし他の人が気になる方や、個別にじっくりやってみたいという方は個人セッションへお越し下さい)


こちらの記事もどうぞ