FAQ

◆催眠療法が初体験なのですが、私でも催眠状態に入れるのでしょうか?満足できるセッションにするために、事前にやっておくといい事はありますか?

初めての催眠療法なのですが、当日までに、やっておくと良いことはありますか?できるだけ効果のあるセラピーにするために、何かアドバイスがありましたら、是非知りたいのですが。
====
催眠状態という、意識と無意識が繋がった状態は、どんな人も毎日(無意識に)何度も通り過ぎている意識状態ですので、誰でも入ることができます。

但し、意識と無意識が両方ONになっている状況に長い時間留まるのは、慣れや才能の部分もあります。

例えば、初体験のスポーツ、語学、音楽などを考えてみてください。
初めて弾く楽器をいきなり上手く弾けるでしょうか?
時々、いきなり上手く弾ける人もいますが、大半の場合には、最初の数時間は慣れるのに必死です。

最初から車輪なしにスイスイ自転車に上手く乗れる子供がたくさんいないのと同じ原理で、全ての事には「慣れ」と「経験」の部分が必ずあります。

そのため、例えば退行療法の場合、年齢退行療法から入るほうがやりやすいと言えます。

もしブライアン・ワイス博士の本を読んで、前世療法をしたいというような方は、ワイス博士が、いきなり初回で全員を前世に入れていたわけではなく、その方が通ってくる中で、段々と深めていくのを、本を読んだ方はご存知かと思います。

ですから、なにもかも初めてで、瞑想も催眠体験も何もやったことがない方は、事前に瞑想の練習をするか、セミナーなどで体験しておくといいでしょう。

催眠療法は、自分の深い意識に潜っていく心のスキューバダイビングのようなものです。
どんなことでも、初めての挑戦は、ままならない事が多いもの。

初スキューバーダイビング体験で、いきなり深い水深(記憶)まで潜ってスイスイと優雅に泳げるかというと、(時々出来る方もいるのですが)誰でもそういうわけにはいきません。

もし今回が瞑想も催眠もなにもかも初体験で、出来るだけ深い催眠に入りたい場合には、催眠意識に慣れるために、ヒプノーティスの瞑想CD(1200円 ※詳細はこのページ一番下をご覧下さい)を毎日5~15分やって、事前に慣れてきて頂くと、(何もやらないよりは)深い意識に入れます。

「催眠療法前にしておくほうがよいことがあれば」と聞かれて、これを1週間~数ヶ月ほど続けてから来た方々は、やはり催眠に深く入りやすく、時間を有効に使うことができています。
なにもかも初体験で緊張している方よりは、少し経験して慣れてきた人のほうが、催眠にスムーズに入りやすいのは確かです(ブライアン・ワイス博士も同じようにおっしゃっています)。

他の誘導瞑想CDでも、練習になりますが、聞いていると寝てしまうような長い誘導瞑想CDは避けましょう。
(ワイス博士のもので、本とCDがセットになったものは、瞑想が30分程度と長いものが多く、初心者の方は皆さん必ず寝てしまうようですのでおすすめできません)

初心者は、寝ないで5分~15分程度のものを毎日やるほうが効果的です。

また、本当になにもかも始めての方で退行療法をする場合には、初回は年齢退行療法から入ると、一番無理なく入りやすいでしょう。

時々瞑想等している方には必要ないですが、初回から前世療法をご希望の方は、自分なりに出来ることとして、CDで数週間練習してきて頂くと、何もしないで来るよりは断然、満足できるセッションになると思います。
(何度もいいますが、長い瞑想CDで毎回寝てしまっては練習になりませんので、気をつけてください)。

ただ、通常は、慣れてきた2回目以降に前世療法を行うほうが、ご自身で満足できるところまで感じられる可能性が高いと言うことができるでしょう。

<以下の瞑想CDは現在品切れしております。そのため、現在はセッション前の郵送ができない状況です。申し訳ございません>

【短めの誘導瞑想CD】心を穏やかにするメディテーション(ヒプノーティス)

http://www.hypnotice.jp/index.php?action_column=true&column_id=92

初心者でもやりやすい5~10分の短めの誘導瞑想が3つ、15分程度の瞑想が1つ、合計4つの誘導瞑想が入っています。個人セッション前の練習や、日々のストレス軽減にも最適です。
上記ページをクリックしますと、瞑想の効能ページに飛び、そのページの一番下でCDジャケットと内容詳細がご覧頂けます。

★個人セッションご予約後、事前練習用で欲しい方に限り、郵送しておりますので、瞑想CDが欲しい旨を一言メールでご連絡の上、セッション代金と共に1500円(CD代+送料)をお振込下さい。3~4日以内には発送致します。
※郵送先は、お申込み時に入力頂いた住所になります。それ以外の場合は、事前に必ずお知らせ下さい。

◆個人セッションを受ける場合や予約する場合に、諸注意などはありますか?

個人セッションを予約する場合や、受ける前に、気をつけたほうがいい事や注意したほうがいい事があれば、教えてください。

前日から当日にかけては、できるだけリラックスしてボーっとしているほうがセラピーの効果がでやすくなります。好きな音楽を聞く、リラックスできる映画や、カフェでゆったり時間を過ごす、スパや温泉に入る、マッサージに行く等は、非常に良いと思います。

また前夜からアルコールやカフェインの大量摂取、暴飲暴食は控えて、体調を整えてくるほうが、良好な催眠状態に入れます。寝不足でいらっしゃいますと、体が疲れていて睡眠に入ってしまう方がいますので、睡眠時間をしっかりとってお越し下さい。
(例えば、夜勤明けの日でご予約になることは避けて下さい)

また、出勤前後のセッションは、顕在意識の働きが強く、セラピーに最も適していませんので、一日お休みをとる事をおすすめします。

◆催眠療法(退行療法、暗示療法等)は何度くらいで効果がでるのですか?

催眠療法は、一回で終るものなのか、何度も通う必要があるものでしょうか?また通う場合には、どれくらいの間隔が良いのですか?
====
一回でご自身の満足のできる変化をしてしまう方もいますし、何度も来る方や通う方、困った時だけ整理にいらっしゃる方など、本当に多種多様です。

<退行療法やパートセラピーの場合>

受療後、ご自身で変化していけると思う方もいますし、頭で分かっているけど言動や習慣を変えて行くのはひとりでは難しいのでサポートがほしいという方もいます。セッション後、あなたはどちらを選ぶこともできます。

一度セッションを受けてみた後に、ご自身の気持ちが「これでやっていけそう」なのか「助けが欲しい」と思うのか、そこの部分を一番大切にしてください。

ヒプノーティスでは、こちらから、通ってくださいと言う事は致しません。
「通ったほうがいいですか?」と聞かれた場合も、基本的には「通ったほうが自分にとって助けになると思いますか?もし、そのほうがよいと感じるなら、それがベストですね」とお答えします。

そのため、ヒプノーティスに通ってくる方は自分の意志で通うかどうか決めています。

例えば、一度も食べたことが無い食べ物は、自分の口に合うかどうか分からないもの。それと一緒で、どんなセラピーも受けてみなければ、その後の自分の気持ちや反応がわからないはずです。

「一度も食べた事がない物を、食べる前に、(好きか嫌いかわからない段階で)何度も食べるのだろうか?」とどれだけ考えても、一生わかりません。セラピストとの相性も同様です。

まずは食べた上で、自分が今後、何度も食べたいのかどうか判断するのと同様、セラピーも受けた上で、何度も受けるかどうか判断して頂くのが、一番ではないでしょうか?

<自己暗示療法や行動療法の場合>

暗示療法や行動療法の場合には、月に1回のペースで通って頂き、数ヶ月~半年程度、継続的に実践することで、効果の出るものです。(平均すると、半年程度、実践し続けたあたりで変化が定着してきて、卒業する方が多いです)

但し、決めた事は、毎日実践し続ける強い意志を普段からお持ちの方であれば、セッションが1~2回でも、継続した半年後には、結果を出せる可能性はございます。
そうでない方の場合には、4~6回程度通って頂きながら、宿題等を続ける事で変化を感じられるようになります。

暗示療法や行動療法は、ある程度(半年程度)、何かの行動を継続する実践期間があった上で、効果や変化が定着するものだと認識下さい。

<セラピー全般について>

1回目は、どなたも慣れていない上に、緊張していますし、催眠療法の説明にも時間がかかります。そのため、催眠療法に使える時間が一番短いのが初回だと思って頂くといいでしょう。(但し、事前に、ヒプノーティス主催の催眠療法の説明を含むセミナーに来た事がある方は、初回からでも時間が有効に使えます)
2回目以降のほうが、ヒプノセラピーに使える時間は長く、催眠も深くなり、慣れてきているので、より充実したセッションとなってくる部分はあるでしょう。
実際、慣れた2回目のほうが、さらに深い所に入りやすいことは確かです。(前世療法の場合は2回目以降のほうが、ご本人も満足できるところまで感じやすくなるのは確かです)

最後に、効果を出しやすい方法や期間は、それぞれ方の性格、事情、内容にもよって十人十色の部分もございます。それぞれの性格や相談内容も違いますので、一概に言えない部分があることは、予めご理解頂けますと幸いです。

過去のイメージ療法の事例は、こちらのコラムで一部ご紹介しています。

http://www.hypnotice.jp/index.php?action_column=true&column_id=57

ご興味ありましたら、一度ご覧下さい。

◆電話でこの件について、お問い合わせ頂いた場合も、上記に記載させて頂いたのと同様にお答えしております。

◆以前、別の場所で催眠(療法?)を受けたのですが、イマイチ・・・

以前、別の場所で催眠(?)を受けたことがあるのですが、

【1】何のために、何をしたのかが分かりませんでした。あれは催眠療法なのでしょうか?

【2】催眠退行してある場面を見て戻ってきて、また来てくださいといわれました。これが催眠療法なのですか?

それ以来、催眠療法には行っていないのですが、ヒプノーティスの催眠療法は別のものと考えていいのですか?
====
別の場所で催眠療法を受けたのですが・・という話を聞くと、中には驚くような内容(それは催眠療法ではないと思えるもの)も時に混ざっているようです。

ヒプノーティスでよく聞く2つのケースについて、お答えしていきます。

【1】何のために、何をしたのか分からなかったので不安でした

<お答え>
きちんとした説明がないなら、誰でも不安になって当然です。
ヒプノーティスでは、必ず最初に催眠療法のご説明をします。そして、これから何をしていくのか確認して頂き、その後の流れも事前にお話して、同意して頂いた上で、はじめています。

例えば皆さんが、例えば美容院に行って、美容師さんがきちんとした相談や説明もせず、いきなり髪を自由に切られ、そのまま帰されたら、誰でも嫌な思いをして当然です。
きちんとした説明がないのは、それと同じことだと思うのです。

催眠療法だから特別だと思わず、もし誠意のない対応であれば、誠意のある所に早々に切り替えるほうが気持ち良く、安心して催眠療法を受けられるでしょう。

【2】退行して、ある場面(大抵は悲しい場面や辛い場面)を見て戻ってきました。続きはまた来て下さいといわれましたが、またそれを見るかもしれないと思うと不安です。
(類似したケースで、前世を一部見て戻ってきましたが、前世からくる「今世への影響」や「その意味」も分かりませんでした、というものも時々聞きます)。

<お答え>
あなたが受けたものは、退行催眠であるかもしれませんが、催眠「療法」ではないと感じます。
まず「催眠療法」と、「退行催眠だけ」は違うものだと認識して頂く必要があると思います。

催眠療法とは「心理療法」ですので、何かを見せて終わりというようなものではありません。基本的には、その場面の前後を見て流れを掴んでいきますし、振り返ってもらうということをして、最後は自分を癒してから終わるのが通常です。

ただ、そこまでのプロセスを一度で行うためには、ある程度の時間が必要ですから、初回からカウンセリングや催眠療法の説明、さらに催眠療法まで全てを1.5時間~2時間で行うのは無理があるということを理解した上で、以下のポイントを考えてみてください。

1)相談や説明の時間は、しっかりとってあるか?

説明の時間がほとんどなく、いきなり催眠に入れるというのでは、退行催眠であっても、催眠療法とは言えない可能性があります。
(また、最初にしっかりとクライアントさんのお話を伺い、その後催眠療法のご説明をすると、それだけで45分~1時間たってしまうのが通常です。)

2)どこまで進みたいのかによって、セッション時間を選ぶ

現実的には、説明やカウンセリングに45分~1時間。
その後、催眠に入るのに、(特に初心者は)通常20~30分くらいかかることも少なくありません。

以上のことを考えても、現実的に、1時間半~2時間程度のセッションであれば、過去の何かを一部見ただけで終ってしまい、また次回来てくださいという対応になって当然です。(アメリカでは、そのように通うケースが多いです)

もちろん、もしあなたが何度も通う前提であれば、それでいいと思います。

しかし、忙しい日常の中、一度で出来るだけスッキリした所まで行ければベストと思う方であれば、現実的に3時間程度の時間でセッションをしているセラピストの元に行くほうが、一度で進む量も多いので、癒したり、意味が分かるところまで進んでから帰ってこれる可能性は高いでしょう。

そのあたりは、何度も通いたいのか、一度でできるだけスッキリしたところまで行きたいのか、ご自身のスタンスや目的に合わせて、決めていくことが大切だと思います。

最後に、良い催眠療法を受けるためには、あなたの「選ぶ目」も重要です。

例えば、美容師の資格があっても、全員が(あなたにとって)良い美容師ではないのと同じことが、催眠療法にも言えます。

「相性」や「目的にあっているかどうか」も大切ですから、資格や肩書きだけに惑わされず、事前にしっかり判断して、ご自身に一番あった催眠療法を受けて下さいね。

みなさんが、気持ちよく催眠療法を受けられることを、心から願っています(^-^)

◆恐怖症やあがり症、予期不安を改善したいのですが・・・

催眠療法が、予期不安、恐怖症やあがり症に効くと聞いたのですが、どのような方法を使うのですか?
====
ヒプノーティスでは、初回セッション(3時間)で、お話を伺いながら、ご本人の症状・状況、ゴールなどを明確にし、ご本人が納得できる方法を一緒に考えます。

まず苦手克服の前に、そうなってしまった原因を知りたい場合(なにかしらのトラウマやストレスが関係しているケースが多いため)、最初に退行療法を最初に1~2回行う事がおすすめだと思います。

その後、ご自身の思い癖や行動癖を変えるために、行動療法を伴ったイメージ療法(自己暗示療法)を行います。

イメージ療法には、色彩イメージ法、ゴール・イメージ・フォーカシング・テクニック、思考停止法、自己暗示法、系統的脱感作法など、様々な方法がありますので、ご本人のご希望を聞きながら、徐々に様々な方法を組み合わせた形をとっていきます。(さらに、実際にやりながら、ご本人に合うものを取捨選択していきます)

イメージ療法(暗示療法)は、基本的には、自宅で行う宿題も出しますので、それも毎日やって頂くことになります(出来るだけ楽しみながら続けられるスタイルを一緒に考えます)。

また、恐怖症やあがり症改善の場合には、一度に激変するものではないので、基本的には、ある程度の期間、通って頂くことを前提に考えて頂くほうが無難です。

過去のケースを見ますと、4ヶ月~半年程度通った頃(退行療法1~2回+暗示療法5~6回)には、ご本人から「以前は無理だったことが、今では、こんなこともできるようになりました!」「自分が変わったと感じます」というご報告をたくさん頂くようになります。

実際の事例を、コラムにご紹介していますので、一度ご覧下さい。

http://www.hypnotice.jp/index.php?action_column=true&column_id=57

ヒプノーティスでは、状況を見ながら、ご本人のご希望を踏まえて、無理のない変化を目指していきます。
最終的な目標や期間は、ご自身で決めて頂くことが大事だと思っていますので、ご自身の進捗状況に合わせて、通う期間をご判断下さい。

<補足>
非常にストレスの多い環境にいらっしゃる場合には、外部の環境から多くのストレスが日々継続的に続くことで、症状の改善を妨げる場合がございます。その場合には、環境を変える事が必要な場合もございます。

また催眠療法より他の心理療法のほうが適切だと判断した場合には、セラピストより直接ご本人にお伝えいたします。

◆遠方から行くのですが、まとめてセッションを受けられますか?

現在地方に住んでいます。今度東京に行くので、その時にヒプノセラピーを受けたいと思っているのですが、その時に、まとめて数セッションを受けることは可能ですか?

遠方からお越しの方の場合には、2日連続でセラピーを行う事も可能です。また、初めての方で退行療法の方は、1セッションでも大変疲れてヘトヘトになるため、1日2セッションは効果の点からもおすすめしておりません。暗示療法は、1日に2回やっても効果はあまりかわらず、2回目まで1か月ほど間をあけたほうが効果的です。
催眠療法に慣れている方で、1日2セッションを受けたい場合には、内容等により平日のみ対応できる場合がございますので、「お問い合わせ」よりメールで事前にご相談下さい。できるだけ柔軟に対応させて頂きます。

◆前世って本当にあるのですか?

前世というと怖いのですが、本当に前世はあるのですか?戻って来れないことはないのですか?

ヒプノセラピーは、前世の存在を証明するための療法ではなく、結果的に前世の記憶に戻ってしまった方の催眠療法を、前世療法と呼んでます。

また、催眠療法はタイムマシーンではありません。たとえ、記憶がどんどん遡っていって前世を思い出したとしても、体は部屋の中にいて回顧している状態です。
通常、例えば何か過去の記憶を思い出して、その記憶の瞬間に入り込んでも、いつでも意識は今に戻って来ることができます。
それと全く同じ状態ですので、ご安心下さい。

コラムに、このような質問をされた場合にセラピストがいつもお答えしている内容と、前世に関するヒプノーティスとしてのスタンスを書いているコラム「前世を信じる人・信じない人」があります。是非一度そちらをご覧下さい。

「前世を信じる人・信じない人」

http://www.hypnotice.jp/index.php?action_pastcolumn=true&column_id=38

◆定休日や時間外で個人セッションを受け付けてもらうことはできますか?

・定休日に仕事が休みなのですが、セッションは受けられますか?
・セッションの開始時間を変えてもらうことはできますか?

2014年以降、定休日はなくなり不定休となりました。最初の予約可能日は予約カレンダーで確認頂けます。開始時間は、早めにご連絡頂ければ、多少の前後は対応することが可能な場合がありますので、希望日より2~3週間前までに「お問い合わせ」より希望日時を複数ご記入の上、ご遠慮なくご相談下さい。

また、初めて催眠療法を受ける場合、初回3時間のセッションですが、人によって15分程度(最大でも30分程)延長する可能性もあると考えておいてください。(2回目以降は、ご希望が無い限り、時間内に終了致します)

最後に、半休をとって仕事前の催眠療法は、顕在意識がとても活発になっているため、潜在意識に繋がりづらい事も多く、特に初回の方にはおすすめ致しません。
初めて催眠療法を受ける方は、非常に疲れる場合もありますので、セッションの日は、できれば一日お休みをとることをお勧めいたします。

◆催眠状態でも、意識があるって本当ですか?

催眠というと、意識を失ってしまう状態だと思っていましたが、催眠中でも意識があるって本当ですか?

本当です。ヒプノーティス内の「ヒプノセラピーとは?」を読んで頂いても分かるように、催眠状態とは、意識と無意識の両方がアクティブな状態で、かつ繋がっている統合状態といえます。

そのため、意識が完全に休んでいる睡眠状態の時のように、寝言で何を言ったか覚えていないというような事はありません。
もし覚えていなかったら、それは催眠ではなく「睡眠」です。

無意識と共に、通常の意識も起きている状態ですから、ご自身で話した内容は覚えていますし、言いたい事と言いたくない事は、コントロールできている状態ですので、ご安心下さい。

また、テレビで動物のまねをしている催眠ショーは、出演前に「もし動物になるとしたら、どの動物になりたいですか?」という事前打合わせがあるということを知らないから、視聴者は、楽しむことができるというカラクリもあります。

過去のコラムで「催眠で人をコントロールできますか?の巻」

http://www.hypnotice.jp/index.php?action_pastcolumn=true&column_id=39

も書いていますので、もしご興味がある方は、ぜひそちらをご覧下さい。

◆現在、精神科に通っているのですが、個人セッションは受けられますか?

現在、精神科に通っているのですが、ヒプノセラピーにとても興味があり、個人セッションを受けてみたいと思っています。私でも、個人セッションは受けることはできますか?
====
精神科に通院されている方は、まず、主治医にご相談下さい。

主治医が治療の助けになると許可した場合や、医師のアドバイスによって、個人セッションを行う事は可能です。

医師の指導の元、セラピストが治療に協力する形で施療を行う旨を主治医にお伝え下さい。事前に主治医に相談させて頂くことがございますので、その旨を、主治医の方にお伝え下さい。
(主治医を連絡をとるため医療機関名、主治医のお名前と連絡先をセラピストまでご連絡下さい)

精神科に通っていても、最適な時期というものもあります。最適な時期を選ぶことができれば、より効果のあるセラピーになります。焦らずにお待ち下さい。
(実際に時期を半年~1年待って、主治医から了解が出てから受療に来た方の経験が「クライアントの声」にございますので、興味がある方はご覧下さい)

http://www.hypnotice.jp/index.php?action_voice=true&voice_id=12#voice

主治医に相談していない場合や、主治医が治療の助けにならないと判断した場合は、時期が適切でないと判断した場合は、申し訳ございませんが、個人セッションを行うことができませんので、ご了承下さい。

また、精神科に通っていない場合でも、カウンセリングの中で、ヒプノセラピーが、その方の現在の状態や症状に適していないと判断した場合には、ヒプノセラピーではなく、内容がカウンセリングになる場合がございます。